宮澤秀巖

書家 宮澤秀巖(1920年-2002年)。
戦後、国内外に問わず評価を受け国際芸術文化賞を受賞。また、小・中学校の教育課程に於いて毛筆の必修科目化をする運動を興す等、日本の書の文化に影響を与える。